生活

元ウェディングプランナーがオススメする!深夜でも食べてしまいたい絶品飯ベスト10

ウェディングプランナーの仕事は深夜の帰宅になることも。繁忙期にはお昼を食べる時間もなかなか取れず、夜になる頃にはもう、食欲が爆発…!!ということも多いのではないでしょうか?そんなあなたにおススメする、深夜でも食べてしまいたい欲望飯をご紹介します。

仕事終わりに食べたくなるもの

◆その1:脂っこいもの

無事に仕事が終わり、緊張の糸が切れた瞬間に食べたくなるものはやはり、高カロリーな脂っぽい食べ物です。脂が舌に触れるとその刺激が脳に響き、βエンドルフィンやドーパミンを放出することによって“幸せ”を感じるようになります。つまり、ストレスが溜まっていたり、落ち込んだ時に欲する傾向にあります。

◆その2:甘いもの

脳にとっての主な栄養源は糖質と言われています。甘いものを食べて血糖値が上がることで脳にとっては「快感」になります。頭を使った仕事を多く行ったり、ストレスがたまっているときに食べたくなり、糖質そのものが味覚神経を介して脳の報酬系を直接刺激することによって、脂っこいものと同様、βエンドルフィンやドーパミンを放出します。

◆その3:辛いもの

辛いものは「食べるとスッキリする」と感じることがストレス解消につながり、“やみつき”になると言われています。辛いものは交感神経を刺激して発汗作用があるため、汗をかくことで目に見えて変化を感じられるのです。

◆その4:味の濃いもの

ミネラルが不足すると、味の濃いものやしょっぱいものが食べたくなる傾向にあります。結婚式に携わるスタッフは、お客様に喜んで頂くことに集中して仕事をしているため、水分補給が疎かになったり、自分が汗をかいていることに気づかない場合が多いのです。

深夜でも食べてしまいたい絶品飯ベスト10

やりがいを強く感じる仕事ができた日や、繁忙期で疲れがたまっている日には、自身へのご褒美として、美味しいご飯が食べたくなります。今回は私がプランナー時代に食べていた絶品飯をご紹介いたします!

第10位:中華家庭料理 北斗 酸辣麵

画像は公式サイトより引用

心地よい疲れに食欲よりも眠気が勝ってしまう…!そんな日にはこちらの酸辣麺がオススメ。酸味の割合は程よく、辛味は少し強めで食欲をそそります。もっちりした太麺でもするっと食べられ、コリコリとしたタケノコの食感も楽しめます。食べ進めているうちにいつの間にかスープまで飲み干してしまっていた…!ということが頻発する、魔性の一品です。

第9位:日本橋天丼 金子屋 天丼(松)

画像は公式サイトより引用

お腹が空いて、お腹が空いて、今なら大食い選手権に出られる…!そんな腹ペコな日には、ボリューム感満点のこちらをチョイス。松・竹・梅の天丼でも、豪勢に松を選んで欲望を刺激しましょう!カリカリさくさくに揚げられた天ぷらタワーにかかるのは、甘辛さが病みつきになるお店自家製のタレ。様々な具材が衣に包まれているので、食べ進めるうちに様々な発見があり、最後まで楽しめます。香ばしい香りと木の香りを楽しみにながら、お店でじっくりと味わってみてください。

第8位:ミカサデコ&カフェ ふわふわリコッタチーズパンケーキ

画像は公式サイトより引用

なんだかイライラしちゃう…そんな日に無性に食べたくなるのはこちらの一品、ふわふわリコッタチーズパンケーキです。運ばれてくる瞬間のプルプルとしたパンケーキの動きに悩殺されること間違いなし!甘さは付属のシロップで調整ができるため、甘さが苦手な人でも食べやすい一品です。チーズ風味のパンケーキに添えられた生クリームは、柔らかな甘みの中にチーズのような塩味が含まれており、お食事として立派に成立するパンケーキです。

第7位:まい泉 黒豚ヒレかつ膳

画像は公式サイトより引用

疲労感で箸すら持てない…そんな日には、サクサクでジューシーなヒレかつを!こちらのヒレかつはなんと箸でも切れる柔らかさ。お好みのソースを甘口と辛口の2種類から選べ、自分好みにカスタマイズが可能です。疲れていてもこのヒレかつならば、自分を元気づけてくれるに違いありません。ブライダルフェア前日のゲン担ぎにも最適です。

第6位:日本橋海鮮丼つじ半 ぜいたく丼 竹

画像は公ららぽーと式ページより引用

ビジュアルも味も満足したい…!そんなわがままな気分の日には、つじ半のぜいたく丼をオススメします。松・竹・梅の3酒類があり、梅はベースの9種の具材(生マグロ、中落ち、イカ、ボタンエビ、数の子、イクラ、キュウリ、ミル貝、ツブ貝)が楽しめ、竹はベースにいくらをトッピング!豪華な松はいくらとウニのトッピングが入ります。私はご成約を頂いた日は松、それ以外の日は竹を頼んでいました。こちらの海鮮丼を半分食べ進めたあたりで、トッピング用のお刺身を盛りつけ、アツアツの鯛だしを上からかけることで、半生の違う味わいを楽しむことができます。鯛だしをかけるとプチプチした数の子の食感を強く感じられ、まるでもう一品お料理を頂いているような、贅沢な気持ちになれます。

第5位:レッドロック ローストビーフ丼

出典:食べログtmmr1038さんの投稿

身体が疲れている…そんな日にオススメしたいのは、レッドロックのローストビーフ丼です。お肉の柔らかさもさることながら、一番のお楽しみはレッドロック特性の真っ白なソース。ヨーグルトのような爽やかな酸味のあるこのソースが、食欲をどんどん掻き立てます。運ばれてきたときにはペロリと食べられそうなイメージを持ちますが、食べ進めていくとなかなかのボリューム感に圧倒される一品です。

第4位:鶏白湯 影山  鶏白湯麺塩ソバ

画像はPRIMETREE AKAIKE公式ページのショップリストより引用

なんだか心が寒い…気温も寒い…そんな時期に食べたくなるのがこの一品。濃厚な鶏白湯は心も身体も欲望も満たしてくれます。鶏のうま味をギュッと詰め込んだスープはこってりまろやかなお味。トッピングにフライドオニオンや柚子がトッピングされていることにより、最後まで飽きることなく食べ進めることができます。麺をすべて楽しんだ後のお楽しみは、れんげに一口サイズで盛られたプチごはん。そのままスープへ溶かしておじやのように頂けば、心も身体も満たされること間違いなしです!

第3位:牛かつもと村  牛かつ麦飯とろろセット

画像はプレリリース配信サイトより引用

今日の自分、とっても頑張った!!と思う一日の終わりには、こちらの一品がオススメ。ご褒美の名にふさわしい「牛かつ・麦飯・とろろ」のスペシャルコラボは絶品です。こちらのお店の特徴としては、焼き石で牛かつを好きな加減で焼くことができ、醤油とお店特性ソース、塩、わさびなど豊富な調味料で自分好みに楽しむことができます。牛かつだけでもボリューミーな中、とろろもセットになっているこの定食は、ほとんどの方がご飯をお代わりしてしまうのではないでしょうか。頑張った自分を称える日の食事は、少しくらいカロリーオーバーしても気にしちゃぁいけませんっ!

第2位:美香(めいしゃん) 麻辣湯麺

なんだかムシャクシャするーーー!という日には、少し辛いものを食べてスッキリしてみては?近年話題に上がっている火鍋にも似た、麻辣湯麺の存在をご存知ですか?自分の好きな具材と好きな麺を選んで薬膳のスープで煮た、体に優しい一品です。西日暮里にあるこちらのお店スープはコクのある白湯ベース。「辛味なし」から「激辛」まで選べます!私のおすすめは辛さ3(激辛)に太い春雨、具材は「パクチー・味玉・魚のすり身団子・ミミガー・牛すじ」のたんぱく質コンボ!熱くて辛いこの麺を食べると、じんわり汗をかき山椒のピリッとした刺激が爽快で、ムシャクシャしていた気分もどこへやら。。。何度も通ってしまう、病みつきになるお味です。

第1位:麺や七彩  喜多方ラーメン Type-SA(醤油)

画像は食べログサイトnabecawan(531)さんの口コミより引用

なんだか疲れてしまった、ほっと一息つきたい…!そんな日にぴったりなのが、麺や七彩の喜多方ラーメンです。その中でもこのType-A(醤油)は煮干しをそのままスープに溶け込ませたかの如く、ガツンと香る出汁の香りにホッと一息つくことのできるラーメンです。麺は茹でる直前に職人さんが「ひともみ、ふたもみ…」そうして作られた独特の形がこの濃ゆいスープを絶妙に抱え込むのが特徴です。一口目にはスープを、二口目には食感を楽しむことができ、最後まで飽きのこない造りに脱帽です。スープ表面はキラキラとした脂でコーティングされ、最後までアツアツを提供してくれます。無添加で安心なこのラーメンを一滴逃さず飲み干すと、その日にあった出来事は忘れてしまいます。まるで実家に帰ったような温かな一品です。

まとめ

ウェディングプランナーはやりがいが大きい分、責任も大きなお仕事です。背負っているものが重たく感じてしまったとき、自分の成長の壁に悩んでしまうときには、頑張ってきた自分にご褒美をあげて、そこからもうひと頑張りしてみましょう。一度一息を入れることで、そこから更に強いプランナーを目指せるはずです。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
ブライダル転職カレッジ
未経験からブライダル業界を目指している方に向けての
5日間集中型無料ブライダルスクールです。現在受講生募集中!
詳細は、以下ご確認ください。
▶https://www.bridal-college.com/
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

ABOUT ME
teacher_takeda
teacher_takeda
岩手県の産業デザインの短期大学を卒業後、新卒で広告会社のデザイナーとして入社。看板やデジタルサイネージなどの媒体やチラシ、リーフレットなどの紙媒体の制作を約3年間担当する。 その後、東日本大震災の復興支援団体へ所属し、首都圏と岩手県の産業発展に向けたマッチング業務を担う。 復興支援を通し、岩手県に幸せなひと時を増やしたいとの思いから、上京しウェディングアドバイザーに転身。約3年間ウエディングプランナーとして従事し、延べ200組の新郎新婦の幸せのお手伝いをする。 結婚式の新規接客業務を行いながら、中途採用社員の教育担当として後進の育成に力を注ぐ。婚礼の現場としては受付スタッフとして、電話対応やビジネスマナー、接遇のスキルを磨く。アドバイザー・受付共に後輩の成長をサポートできることにやりがいを感じ、「自分と同じ未経験からブライダルを目指す方のサポートをしたい」との思いから退職。 現在は人材紹介会社にてブライダル講師、ブライダル業界への人材紹介を担当している。